スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢心地
ヴィヴィ
な感覚と
あぼーん
な気持ちが交錯しております。

半月前のあの電話は幻聴でも妄想でもなかったんですね。

これでひと月後にかかってくるであろう電話が「ふりだしに戻る」だったら立ち直れませんが……

天上の蓮まであとちょっと、というところで、ぶらぶらと蜘蛛の糸にからまって揺れてながら、下から噴き上げてくる地獄の噴煙に燻られている心境といえばわかりやすいかな。

同じ気持ちの方が、この世界にあとおふたり

ああっ!
 神様!と、毎日お祈り中。

つか、次の作品に取り掛かって、気を紛らわせなくちゃぁ。
スポンサーサイト
小心すぎるよ自分
3月になりました。
明日はひな祭りですね。
うちのお雛様は年中出ていますので、まあ、お菓子でも作りますか。

日本から電話があり、確認事項を確認。

複数方面からストレスたまーりまくりで、今朝になってから当分辛いものとアルコールは控えるようにと、カラダに注意されました。

あと十日。

日常的不整脈。
一時的慢性胃痛。
突発性呼吸困難。

指先とか急に冷たくなるん。

複数のストレスとかは、

長女は反抗期で家庭内バトルでHPがかなり削られています。

借家が売りに出たとかで、引越ししなくちゃいけないし。

これから家探しです。
3~4室でLDKで暖炉付き、ガレージがあって、敷地面積800平方メートル以上でペットOK、週250NZドル前後の物件って、なかなかないんだよねー。
ストレスその一がいいほうに解消されたら、マイホームも夢ではないのだが……。
いや、この円安ではかなり難しい
近況報告
野フロですが。

じゅしょうしました。
http://www.kadokawa.co.jp/yasei/news/4_1.php
下の名前をHNと同じにしてます。

4月12日の雑誌に選評が載るそうなんですが、怖い……
Fちゃん、また買っておいてくれな。

というか、公式に書いてある夏の刊行って、えっと、夏って、何月と何月だっけ。
ふつうは発刊の一ヶ月半前には校了しないといけないんだよねー。

これから引越しで、打ち合わせとか日本に一時帰国できるのは4月後半になりそうなんですけど。

とにかく、午後の6時からはもう、不整脈と食欲不振で夕食も喉を通らず。
知らせを受けていきなりワインで乾杯したので、胃がめちゃくちゃ痛いです。

しかし、電話機がおかしいのか、回線がおかしくなったのか(半年前にも調子がおかしくなって、いちど修理してもらっている)電話がいきなり受信できなくなって、何度も電話がなるんだけど受話器をとると切れるということが五回も続いて。

もうだめかと思いました。

今は、どっちに国に税金を払うのか(日本とNZには租税条約というのが結ばれているらしい)
それが問題です。
いまは円安だし、日本に所得税を払っておいてとりあえず日本円で貯金しておきたいというのが本音ですが。

とりあえず、明日は二国間租税法について、会計士にアポととってきます。


今日まで信じて応援、おつきあいくださった皆様方のお陰です。
ありがとうございました。
こころから感謝を申し上げます。

これからが本番でもあります。
どうぞ、今後とも、末永いおつき合いをよろしくお願い申し上げます。
二日後の近況
じゅしょう報告へのお祝い・拍手、ありがとうございます。

なるべく頭を低くして伏字で語っているので、このブログとじゅしょうしゃの正体が米華や鈴鹿であるとかいう事実は、まだ旧来の読者さまとネッ友さんにしか知られてないのですが。

時間の問題でしょうけども。

あまり自分から積極的に声をかけて友達づくりをしない自分に、遠くから喜んでくださるお友達がこんなにたくさんおられたということに、素直オドロキを感じています。

広くてせまいネット社会です。
レス無精な私ですが、いただいたレスや感想はいつも目を通してきましたし、できる限り返信もして参りました。
長い間、見守ってくださったこと、再度感謝を申し上げます。
引越しや改稿で、ひとりひとりにお返事が差し上げられなくて申し訳ありません。
この場でお詫びとお礼を申し上げます。

これからもよろしくお願いします~。

そういえば、こちらの賞では、ネットで受賞式というものが話題になったことがないので、ないのだろうと思っていたら。
あるそうです。

慌ててダイエットを再開……。
エステにも行った方がいいかと、シミそばかすだらけで白髪混じりの頭を見て反省。
ぜんぜん自分の容姿とか、構わなくなってましたからねー。
まずは髪を切って、少し染めてみようかなー。

次女に
「うち、お金持ちになったの?」
と聞かれて
「いや、貧乏じゃなくなったくらいかな。しかし、この冬は救世軍教会のフードバンクに食べ物を寄付する立場であるぞよ
そうそう、仔犬たちにペットフードを無料配達してくれた、SPCA(動物愛護協会)にも寄付したいかなー。
次女
「Iphon買って~」
「まだ賞金もらってないし、いつもらえるかも聞いてないし。租税条約のことをちゃんと理解するまではもらえないし。とりあえずの帰国費用の工面が先だし。というか、そういうのは自分で小遣いを貯めて買いなさい」

それで、税金について調べていたらどっちの国に払っても20%以上は持っていかれちゃうようだ。
賞金額だけを今まで見てきたから、手元に残る金額を見るとけっこう痛いよねー。
しかもNZだと累進枠にひっかかって、33%まで行く可能性がある。

2008年から6年かかったんだから、6年分の収入としてしてもらえば一年あたりの平均は非課税額なんだけど、と、せこいことを考えてみる。
そう考えると、労働単価としては報われてない作業ではありますが。

お金になろうとなるまいと、書いて表現すること、作品を読んで感想を下さる方と巡り会えることが、創作者には無上の喜びなのです。よね。

商業となるといろいろあると思うけど、これからもそうであり続けますように。
六日目の近況
じゅしょうから六日が過ぎましたが、このブログのアクセス数も、もうひとつの南半球ブログのアクセスすうも、変化なし

まだまだ、うまく隠れているようです。
南半球のほうは、少し上ったみたいですが、解析を見ても受賞の影響はあまり関係ないような。
あちらのほうでは報告もまだなので、関係者が見にこられてもスルーしちゃうでしょうね。

しのはらさんの公式ブログは、あっちにしようかなーと思っているので、もうちょっと先のことが詳しくわかるまで報告は先延ばし中。

このブログやなろうなど、ウェブに載せている小説などの行く末は、編集者さんと話し合ってから決めます。
読者さんからときどき問合せのある明了の二次小説の公開ですが、こうした同人的な活動は慎重に行う必要がありますので、しばらく保留ということに。
自分的には非常に愛着のある作品群ですので、いつか日の目を見せたいという気持ちは今でもあります。
作家としていくつか本が出たら、ダイナミックプロさまに許可をお願いして、正々堂々と公開できたらいいなと考えています。
二巻で終わっているデビルマンのOVAを完結させられるお手伝いができるといいなぁ、と。
ちらっとカムアウトしてみました
来月の雑誌に載るという「じゅしょうのことば」の下書きを送ってひといき。
とりあえずよさそうなお返事をいただけてよかった。
どうも、あらすじとか、見出し文とか、苦手なんですよね。
応募用のあらすじを読み返しても、なんか要領を得ないなー。
よく下読みさんに捨てられなかったものだと感心する。

というわけで、

南半球ブログで、別の親ばか記事にまぎらせてするっと報告を入れてみたり。
ペンネームはあちらで晒しました。

一夜明けて……。

アクセス数、特に変化なし。
いつもの更新の訪問数と同じ

ところで、
いま現在、創作とかじゅしょうとか引越しとは、何の関係もない部分で大変なストレスと闘っております。
ものすごく投げ出したいけど、
でも、これって、日本に帰ってから、あるいはプロになってから待ち受けているであろうさらなる試練への予行演習と思って、がんばる。

胃が痛くて食欲が減退しているので、ダイエットなるか。
つか、酒量が増えるので、結局つまみで食べていたり。

なにか視覚的に癒しになるネタがあったら教えてください。
最近では直立ネコの映像に癒されました。

http://www.youtube.com/watch?v=d3XuCjBSM90
新年のご挨拶と抱負
2014年
 あけまして
   おめでとうございます


uma1.jpg
(写真はフリー画像提供サイトにリンクしてあります)

ちなみに年女でございます。


昨年中ご贔屓いただきました皆様には感謝でいっぱいです。
今年もかわりませずお付き合いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


今年の目標

新刊二冊
帰国二回


時の虜囚のデータ整理
鷹の王の資料読破

人生の夏はこれからだ~
物忘れなんか気にするな~~
えいえいおー!!

気合、入ったかな……

まあ、新刊二冊ってもね。
出版するというより、二作は企画が通りますように、っていうか。


あ、とにかくがんばります。
新年おめでとうございます
気がつけば2016年ですねΣ(・ω・ノ)ノ!
今年の一年が実りの多い年になりますように

商業作家になって3年目に突入。
二冊の本を出しただけですが、まだ首は繋がっているようです。

今年出る予定で入稿した作品がふたつあり、著者校段階です。
春には出していただけそうで、胸を撫で下ろしているところです。

商業だと、今年は本を何冊出す! 
なんてのは作家に決められることではないので、そうそうに抱負を語ることはあきらめたわけですが。

でも、何作書き上げよう!という目標は立てられるはず。

商業作品の方は、依頼とかプロット出す相手がないとどうしようもないので、今春世に出す作品の評価待ちですが。
これで名前が少しでも売れるよう祈るしかないです。

趣味作品のペルシア小説。
「鷹の王―ペルシアンナイト物語」を2016年にメルマガで出そう!
と意気込んでいたのですが、長く続く予定のペルシア歴史小説のトップバッターが、BL色の強い作品なのはどうかなぁと考え直しました。
他の作品は恋愛色すら薄めの予定なのと、やっぱり歴史順に出した方がいいかなぁ、とか。

最初の作品は後続のイメージを決定してしまいますものね。

とりあえず、商業で依頼が入るまでは、ペルシア小説に集中します。
もしかしたら、こっちも商業で、なんてお声がかかるかもしれないし(  ̄ - ̄)。
やはり、プロの編集・校正の手が入ると、作品の完成度が違うんですよ。

トップバッターは、やっぱり「キュロス大王」の成り上がり記ではないかと。
ただこれは、上中下巻になりそう。
書き上げて推敲しながら配信しても、今年半ばまでは公開は難しそう。

キュロスはアレキサンダーやナポレオンよりも、ずっと男気があって、興味深い人物なんですよ。
しかも愛妻家ですしね。(二人目の妃にはちょっと冷たかったみたいですが)

そして、現代ニュージーランドを舞台にした小説を一本、短編か長編で。

両方とも、タイトルも決まってます。
タイトルがいつまでも決められない篠原には珍しいことですw。

あと、帰国の際には、ペルシア小説第四弾作品の舞台を取材もしたいですね~。
ペルシア小説なのに、なぜか舞台は日本です(#^^#)
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。