スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輪廻がテーマの恋愛小説
南国の島々を舞台に珠玉の恋愛小説をお書きになられている「あおいゼリー」の運営主、ケロンパさまが「なろう」に載せているワタシの拙作「時の虜囚」に過分な評価と感想を下さった。しかも、ご自分のサイトにリンクまでしていただいて、更にブログ星宿海紹介までしていただいて、冷や汗モノ。

ケロンパさまは、ご自分も現在輪廻ネタの小説「イブの接吻」を執筆中で、何げに輪廻をキーワードに検索しておられるうちにうちの地味な作品に辿り着かれたらしい。ありがたいことです。

「イブの接吻」は未来の地球の南国の島で巡り合った運命の二人が互いの過去世(近世のヴェネツィアとナチスドイツ時代)を訪問しながら……さてどうなるのかな、というお話です。
私は今のところヴェネツィア編まで読みました。
恋愛時代小説の王道だぁ。
豪華絢爛とはこの二人のためにある言葉だ。
あの時代のヴェニスをあますところなく描ききっているというか。
どのくらい豪華だったかというと、上等の映画を観終わったような気がしました。
引き合いに出したかった、イタリアの高級娼婦を描いた映画はタイトルを忘れてしまいました。
代わりにといっては何ですが「シェークスピア・イン・ラブ」の絢爛さとか近いかもしれない。

ナチスドイツ編はまだ連載中らしいので、我慢してまだ読んでない。
ヴェネツィア編も一気に読んでしまったので、読み始めたら止まらないだろうから。
ヴェネツィア編はね。えと、表現するなら、少しずつ積もっていく砂時計のような恋といいましょうか。もどかしくて、切ない。で、ようやく心が通じ合ったと思ったら……あうっ(そういうのが好きな人が多すぎるんだわ、きっと)

いや、実はワタシもナチス下のドイツ(つかオーストリア)を舞台にしてみようと練ったのもあるんだよね。
かぶらなくて良かった。

ケロンパ様の作品でもっとも私が気に入っている短編がこれ。
恋愛でもBLでもないさわやかな(青春?)小説
ラッキーペニーコイン・ブルース
舞台設定とか、小道具とか心理描写とか、とっても勉強になるし、勉強する気はなくてもとにかく楽しめました。

リンクの申し込みをいただいたときには舞い上がってしまいました。
あまりお願いされたことないので……。
(同性愛系統とか、古典漫画二次小説ブログは自分からは怖くてお願いできない)
こちらからも相互リンクをお願いした。
リンクカテが思いつかなかったので、南島恋愛同盟にした。
南島は南島でも、うちは亜寒帯の南極よりで、ちっとも青いゼリーのようなぷるぷるした海ではないのだけど。
そう、スコット基地に近いのです。
うちは「あおいシャーベット」だな。ウェットスーツ無しには泳げません。
スポンサーサイト
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。