スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコラス・スパークス週間「The Wedding」
泣イタ

「The Wedding」 Nicholas Sparks著、あらすじは:

29回目の結婚記念日をうっかり忘れてしまったウィルソン。
ワークホリックの彼は、子供達が成長し、家を出てしまったあと、妻との間に埋められない溝があることに気がつき愕然とする。
結婚記念日を忘れてしまったことは妻との亀裂を決定的にしてしまったようだ。

熟年離婚の危機をウィルソンはどう乗り越え、妻の愛を取り戻せるのだろうか……。

……というような、まあ、そういうお話です。
映画「The Notebook:邦題(君に読む物語)」の娘夫妻のお話です。

普通の人の、普通の苦悩が、うまく解決されるかどうか、というような。
減量したり、義父とあれこれ相談したり、妻にナイショでいろいろ画策したり。
とくに事件もなく日々が過ぎていく中で、取り返せない毎日と、二人が出会った頃の回想が交互に語られていく。
日々の中であれこれ頑張るリタイア間近なオジサマの涙ぐましい努力。。
そこに持ち上がった長女の緊急結婚式。

淡々と、淡々と進む物語。
だけど、一気に怒涛の勢いで最後まで読ませていただきました。

五十を過ぎたおやじさまが、妻にキスをするのもどきどきして緊張してしまうというのが、あっはっは、なんですが。

邦題を、ウィキで調べる……「もうひとつの愛の奇跡」って、臭いだけじゃなくて、タイトルがネタバレしてない?
「結婚式」じゃ、売れないのかね。
私だったら「君への贈りもの」にするよ。私を大泣きさせてくれた彼のセリフをそのままとってね。
ネタバレしてないと思うし。
事実、これでもか、って妻の歓心を買おうとプレゼントの嵐。
でもそれは……。

愛する人が一番望んでいることを、どれだけの人が理解し、与えることができるんだろう。
それが実行できるのは、ある意味、奇跡なんだと思う。
配偶者か、恋人か、家族にしかあげられないもの。
それが欲しいのだと、口にできないもの。

自分自身が変わらなければ、何も変えられない。

家族や恋人や配偶者を大切にしなくちゃなぁとしみじみ思わせてくれました。

て、読後にお散歩に子供達を誘ったら、見事に断られましたけどね。

で、図書館に行って「DVD:The Notebook」を借りてきました。
本が地元の図書館にない……。
隣街の図書館にはあるけども、スパークスは人気なんだなぁ。
どの作品も貸し出し中。
それでも「The Night at Rodenthe」と「Walking to remember」は借りて来れたので、正月はDVDと二冊の本を読みます。

ここからさきはネタバレ感想……

続きを表示する
スポンサーサイト
コリンファース第二弾 「危険な関係」
二十代当時のコリン・ファースの映画について書こうと思っていたら、今夜の映画は「ナニー・マックフィー」コリンの数年前の作品をテレビで放映しています。
これはお子様向けで、コリンの悩殺振りはかなり薄くなっております。
ヴィクトリア朝の中流階級をデフォルメした感じのインテリアやコスが見所ですね。
原作とはかなり違いますが、面白かったです。

で、悩殺コリンの映画「Valmont」ヴォルモン子爵。小説の原題「危険な関係」
valmont.jpg


某どーがで、画質はあまり良くなかったですが。
すごく濃い映画でした。

18世紀のフランスを舞台に、頽廃的な貴族の恋愛ゲームを描いた作品。
革命前なんでしょうかね。
王様とかちらっと出てくるし。

なんか、フランス版カサノバですか、というような内容ですが、コリン扮するヴォルモン子爵は、人妻を落とすのが趣味らしく、相手が落ちると急に興味がなくなるらしい。
とんでもない奴。
脇キャラが光ってる。
メイドから下男から、執事まで、なんかすごく存在感があって。

彼を取り巻く人間関係がひどくどろどろしてたり。
純真無垢な十代の恋人たちを弄ぶ大人たちとか。
フランス貴族の貞操感ってそうなんですか、みたいな。

それにしても、コリンさま、15歳処女の白桃の如きお尻に枕になさって……。
女優がほんとに15歳だったということで。
あれは尻スタントじゃないんですか、なんて意見も。

特に主義主張のない内容ですが。
もともと貴族を風刺する演劇用に書かれた娯楽小説らしいので。
面白おかしく観たらよいのだと思います。
ハタチ代のコリンファース二本立て
ああもう、悩殺俳優といえば、コリンファースですが。
彼の若かりし頃の映画は手に入りにくいっす。

で・も。見つけちゃった。

「Another Country」「Valmont」

コリン・ファース様 満載。立て続けに観たのですが、興奮して眠れませんでした。

アナザー・カントリーは二十年前の映画と思えないほど、きれいな映像でした。
今は四十代の英国俳優の、あの人、あの人、あの人が、初々しくてすべすべのほっぺを披露してる~。
BBCドラマ「Rome」でルキウスやったケヴィンが若い~~。
でも、この頃から前髪激しく後退してたのね。
イギリスの1930年代。上流階級の子息の寄宿するエリート校が舞台。
お肌のすべすべしたうつくしい青少年が。ザクザク。熊手で集めたくなりますね。

ルパート・エヴェレットが主演で、コリン(トミー)はルパート(ガイ)の親友的存在。
ルパート(ガイ)はゲイの青年を演じるんですね!!!!!!!
ところで、ルパートはリアルでもゲイなんでしょうか。
ゲイ番組みたいなインタビューでコリンとのことを訊かれたときに
「撮影で出会った初めの五分はコリンにときめいちゃったんだけどさ、ずっと警戒されてもういいやって思っちゃったんだよね」
って!!!
コリンは奥さんいるもんなぁ。(つか当時は独身だったろうが)
ルパートとコリンの組み合わせは「the Important of Being Earnest」でも絶妙のコンビでしたがねぇ。
リアルでは牽制しあってんのか。
コリン、敵多いな。ヒュー・グラントとも仲悪いとかゴシップされてたけど。
まぁ、あれはメディアが煽ってるだけで、本人たちはなんとも思ってないんだろう。

えと、映画ですが、第二次大戦前のイギリスエリート校での若者達の葛藤とでも申しましょうか。
コリン(トミー)は共産主義に傾倒していく知的な若者で。
ルパート(ガイ)は名声を夢見ながらも、奔放に学校生活を謳歌して、当時は禁断の同性愛嗜好を隠し切れずに悩んだりしてます。同級生に恋もしたりして。
トミーはそんなガイを「どーしようもない奴」って叱ったり励ましたり慰めたりしている。
萌える~~~~~。

萌え沸点に達するのはガイが着替え中のトミーに後から抱きついたりするところでしょうか。
二人がカラムのはこの一瞬だけで、恋に悩んだり浮かれたりするガイが、トモダチのトミーに相談したり、じゃれているのが微笑ましい。
三回くらい「君に恋をしても」とか言ってるし。
そのたびに「やめれ」な反応をするトミーなコリンにときめく腐な私。

ルパート、色気もフェロモンも出しまくってますが、ゲイ映画ってわけじゃないそうです。
エリート青少年たちの青春劇みたいな。
当時のパブリックスクールって、こうなんだ。へえぇ。みたいな。
ハリポタとはまた違った、生々しいドロドロした社会背景や人間関係とか裏切りとか。
お坊ちゃまたちですが、学校での上下関係とかすごく厳しいみたいですね。
ジュニアと呼ばれる下級生たちは奴隷のようにこき使われ。
女性はルパートの母親しか出てこない。

何が一番驚いて萌えたかっていいますと。
コリンって、ハタチのときからあんな喋り方をしていたんですかっ!!!
今と全然変わらない

で、次回は「Valmont」について。
今度はコリン、フランスの放蕩貴族役。
お堅い英国紳士でない、女を落して捨てるのが生きがいの、プレイボーイなフランスの子爵役。
堅物ナチの法律家、ドイツ内相次官のヴィルヘルム・シュタッカートを演じた「conspiracy」(まだ観てないけど。ゆうちゅうぶでクリップを見ただけ)でも、コリン全開でしたが。

コリン全集とかあったら、絶対買うよ。ニュージーランドのリジョンコードでお願いします。
ホリデー読書計画 男心の研究
Merry Christmas

結婚してから一番貧乏なクリスマスだなぁ。子供達のプレゼント、しょぼいよ。
12歳の長女、まだサンタ信じているんだろうか。
クリスマス前はお手伝いとかがんばったり、癇癪を我慢したりしました。
単に暗に親と駆け引きしてるだけかもしれません。

夫からは、ピーナッツ入りの板チョコもらって凹んでしまいましたが、朝一で最近日参している某しんちょうしゃのホムペ!
やたっ! 一次通過~~~~~。
私も、サンタさんにプレズィもらった気分です~~~~~。
一体何作品が投稿されたのか明記してないんですけどね。
一次通過が57か58本ってことは、単純に考えてもその十倍ってことでしょうか。
短編だし。官能ですし。多いのかなぁ。
うれしいです。
一次で喜んでどうする、って意見もあるかもですけどね。
一次ってのは、やっぱり、文筆力を満たしているか、という、ある意味、最終よりもドキドキするんじゃないでしょうか。
いや、最終まで行ったことないからわかんないですけど。
可能性はありますよ、頑張ってくださいね、ってことじゃないですか?
投稿二回目で
ホントは二十年前に人生最初の投稿で一次通ったはずなんだけど。あの原稿捨てちゃったの、今思うとほんともったいない。

一日PCにへばりついて家事もおろそかにして、自営業が不渡り寸前なのに、仕事も探さないって、夫は離婚したろかと思っていた気配濃厚でしたが、
喜んでくれました。
一次通ってもやっぱり一円にもなりませんが。
可能性はあることが証明できただけでも。
サンタさん、ありがとうです。
それにしてもクリスマス当日に発表なんて、しんちょうしゃ、やることが心憎いっすね。
通らなかったら一日凹んで河に沈んでたかもしれない。

さて、一応キリスト教国ニュージーランド。
25日はどこもお休み。
今日は家族で過ごす日。
ディナーは昼。昼から食べ続け。
気温が上がれば、午後から河か湖へ泳ぎに行くかも。

さて、長かった小説「ボウディカ」読み終わる前に期限が過ぎてしまいました。
いつまた借りれるかわかりませんが……つか、読み終わるのかなぁ。
では、年末年始は以前から読みたかったのを探しました。

いつぞや、男性の書かれた恋愛小説の推薦をお願いしましたところ。

Nicolas Sparks を奨められました。

*The Notebook... 映画にもなりましたね。
*Message in a bottle
*Dear John
*The Lucky one

さっそく図書館に行ってまいりましたところ。
なかったよ。貸し出し中のようです。
棚にあったのは

*The Wedding
*Night in Rodanthe
*A Bend in the Road

大人の恋が中心のようですね。
とりあえず、上の二冊、「The Wedding」「A Bend in the Road」を借りてきました。
子供達が河で泳いでいる横で日傘などさしながら、男性の恋愛観と行動心理。みっちり読み込んで参ります。
感想はまたあとで。
「The Notebook」はDVDでも借りてきましょうかね。

それにしても、買ってきて読み終わってない本もいっぱいあるんだけどな。
「死海文書」とか。
棚に並んでいるだけでも嬉しいけど。

明日から一泊でお出かけです。
弩兵部隊が活躍している映画
ちょっとさすがに師走だと、落ち着いて小説を推敲している時間がなかったり。
家族が家ににるのは、いろいろ気が散ります。
夫、仕事に行け。

で、テレビの前に仲良く座って映画を観る。

邦題わかりませんけど「the Mummy: The tomb of Dragon Emperor」のトレーラー

マミーシリーズは好きじゃないんだけど。
ジェット・リーが古代中国皇帝役で出てるって言うから。
安売りワゴンにあったし。10ドル以下だったし。

しょっぱなから自動連射型クロスボウが大活躍しています。
後半、弩隊(ミイラだけど)も、戦闘の口火を切る場面が壮観です。

連射型の弩・クロスボウを開発させたので有名なのは孔明ですけどね。



で、以降は完全ネタバレ。



これはパラレルワールドなんでしょうか。
ジェットリー・扮する竜帝が中原を制覇したのが二千年前。
……って、三国誌の時代じゃん。赤壁の時代だって、
ハリウッド、少しは時代考証してくれよ。
まあ、三千年前に連射型クロスボウはなかったかもしれないけどね。

そんなわけでツッコミ満載です。
アクションはかっこいいけど、現実問題として、
走る車から飛び降りて膝から着地したら、膝の骨粉砕するって、
花火を至近距離で連続点火したら車ごと爆発しますって、
車と同じ速さで走る馬車から引きずられたら、五メートルもいかないうちに背中の皮剥けますって(シャツも破れない、何故だ?)
爆風で石塔に激突したら、頭蓋骨陥没するってばさ。
雪崩に埋まったら、普通は圧死で即死で凍死だから。

あんたたち、不老不死の泉の水なくても、不死身じゃん。

馬裂きの刑で死んだはずのミン将軍のミイラに、右手と両足があるのは何故だ?

で、不老不死の泉で頭が三つのキングギドラ仕様のドラゴンに生まれ変わったジェットリー。
ちょっと、その西洋スタイルのブサイクなドラゴン何よ。
「龍」とは似ても似つかないぼてぼてな。

ハリウッド、ちょっとは考えてよ。

って、ツッコミ疲れた。

拍手鍵コメのお礼:
続きを表示する
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。