スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業務連絡と、風前の灯・人類の遺産
裏ブログ、第九章の更新しました。
タネ明かし的章で、説明臭くならないようにがんばりましたが、
ツッコミどころが満載のような気がします。

重箱の裏も叩いて。

結局、ポプラには間に合いませんでした。
2000万円ってのは、でも、何年も受賞してないんだよね~。
いったいどんな作品を書けば2000万円ももらえるんだろう。
2000万円なら専属契約も悪くはないにしろ(←そんな心配必要なし・自分ツッコミ)

2000万円ももらったら当分遊んで暮らせるので、急いで次の作品を書こうという意欲がなくなっちゃうんじゃないだろうか。(だからそんな心配は必要なし)

でも、取材資金と称して行きたかった場所を歩き回りたいなぁ。
南米のマヤやインカの遺跡群。
万里の長城が砂漠へ消え行く果て。
敦煌の仏像を拝んで、ロプノールの跡を追う。
ヨーロッパの城廻り。

イメトレ、ね。

トルコがダムの底に沈めようとしているハサンケアフの一万年遺跡を見ておきたい。

なぜユニセフはハサンケアフを世界遺産に指定しないのだろう。
そしたらトルコはダムを建設できなくなるのではないかと期待するのだけど。

この今でも人々が暮す、一万年(と一千年)続いた街が水の底に沈むのは、トルコにとってもかなりの損失だと思うのだけどな。

建造物はかなり古くて危険だから、住人たちの中にはお金をもらって別の場所に移住したい、という意見もあるのだけど。
でも、一万一千年の人類の遺産だ。
保存できないんだろうか。

英語ですが、これが一万年続いた東西の中心、人類の歴史そのもの。

スポンサーサイト
「プリンス・オブ・ペルシア」観てきました
最高

タイタンの戦いの三倍以上だった。

もうアクションがいいよ。

パーコアとかフリーランといった、今どきのストリートスタントアクションが随所に散りばめられていて、パーコアに興味のある長女も大喜びでした。

主役の俳優たちはあんまり好みじゃなかったけどねぇ。

砂漠の城砦都市が大好きなんで。たまりません。
あの起重機に下がっていた防壁用の熱油の壺が落ちてゆくところがツボ。
クロスボウも大活躍。

ストーリーもいろいろ捻りがあって。
笑えるツボもピリッと辛めのユーモアが効いている。

あの、ペルシャ王を演じた俳優って、もしかしたらロード・オブ・ザ・リングのローハンの王様?

なんか結構大物の俳優の顔が並んでました。

ダンナと娘たちには「プリンス・オブ・ページァ」と発音するんだよ、と諭されました。

とにかく、いろいろと啓発されましたよ。
特にあの暗殺者集団に。

もう一回、観たい。
DVDが待てないです。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
いいものを見つけたのでここにメモ
以前から注目している「天地雅楽」という若い神職や巫女さんたちによる「ニューエイジ雅楽バンド」
アップテンポな雅楽ってクールだよ。
いわゆるプロのミュージシャンというわけではないのですが、ライブ中心らしいです。
海外公演もしているとか。

ゆうちゅうぶで坂本龍一さんとのコラボを見つけた~。



笙や笛、篳篥の音が、ピアノと調和しますね。
中国なんかじゃ古来からの楽器でオーケストラを作っていろんな古今東西の曲を演奏してますけど、日本の雅楽もそうなるといい。

私、昔は神楽を齧っていたので、こういうのたまりませんです。
手元にあるのは龍笛、何年も音を出してやってません。
たまに吹いてみるけど、やる気なさそうです。三音階もでません。
ゆうちゅうぶでは雅楽器でアニソンやポップや洋楽を演奏しているのあるし。
尺八も洋楽のオーケストラに難なく馴染んでますしねぇ。

ちょっと、何か練習してみようかなぁ。
楽譜がないというのがね。
うちの師匠は神楽曲のテープをくれただけで、音を拾って吹けるようになったら教えてあげるっていうような方だったんで。
神楽奉納しているときの神楽師さんたちの演奏しているのを見ていると、指孔を押さえている場所が違っていても、出ている音は同じなんだ。
なぜだろう。

笛はみんな手作りなんで、それぞれ微妙に違うんだろうね。
それを人の「吹き」で無理やり合わせて調和させてゆく。

正確な音階に頼らない、聴くたびに少しずつ違う和楽の世界が好きです。
何年ぶりの映画 the Clash of the Titan
映画館で映画を観るのは好きです。ロードオブザリングなんかは劇場がいい。

さて、サバイバルライフに一息ついたので、家族エンターテイメントな日曜日。
映画館に行こう。

なんせ田舎町なので、巡航時速100kmで右の映画館は1時間15分、左の映画館は2時間弱です。
左の映画館は遠いので、右の映画館へ行きました。
the Clash of the Titans を観ました。

田舎の映画館はいいです。
座席の半分がソファです。ふたりがけとか、ふっかふかのリクライニングチェアです。
クラシックカーまであって、アメリカの野外劇場の気分で映画が観れます。
ワインとか頼んで。
開始前にピザを頼んでおくと、ハーフタイムに出来上がってきます。

気がつくと予算オーバーしてました。

残念ながら3D対応の劇場ではありませんでしたが。

映画の感想でしたね。

面白かったです。

以下ネタバレにつき



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

続きを表示する
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。