FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DKの戦士の歴史図鑑で武士道について言及されている件
DK出版の「WARRIOR -A Visual History of the Fighting Man-」by R.G.Grant

古代ギリシアから、中世騎士、モンゴル、ムガール帝国、そしてイラク戦争までの戦士と兵装を写真、図覧入りで詳細に紹介

で、日本の武士道に一章まるまる割いてくれています。

しかも、日本の主従関係(年少の武士と年長の武士がそーいう関係だったてこととか)について。

bushido001.jpg

ちょっとわかりにくいので、拡大してみます。

bushido 002

やっはっはっは。

世界認定されました。
スポンサーサイト
The Three Musketeers 観てきました
ひとこと

むっちゃ面白かった

劇場で観る価値満載。

予算がいっぱい使い放題って、感じで。
オーランド・ブルームが悪役とか、おいしすぎるぅ。
つか、俳優陣にどんだけお金かけたんですかっていうくらい、豪華キャスト。
それぞれどっかで主役や重要キャラやっている人たちばかり。

three musketeers

カメラワークとか、女性の扱いがどっかシャーロックホームズみたいだけど、監督とか製作者が同じなのかな。
調べてないけど。

荒唐無稽すぎて、夢中になれる。

ありえん~とか突っ込みながら、あっというまに楽しめました。

でも、こういう話なのかと小説を読んでもぜんぜん違うだろうというのはわかる。
その点もシャーロックホームズみたいだ。

DVDが楽しみ~。
英語の聞き取れなかったところが、とっても気になるのだ。
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。