スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラス・マンチャス通信 読んだ
日ファンの大賞作品をできるだけ読もうと限られた細切れの時間を使って読書……

って、

一気に読んでしまいました(汗)
ま、腸感冒したみたいで、仕事を休んだので、大豆を煎りながら。

すごいなぁ

新人なのかぁ

こういうファンタジーもアリなのか。

いやもう、不幸で不条理で救いのない世界を、ただ淡々と生きることの難しさ。
あらゆることにオブラートをかけて、真実は読者の想像にお任せ。
最後まで読んで、ただ唸ってしまいました。
書評に主人公の「地獄めぐり」ってあったけど、ほんとにそう。

サダム・フセインが処刑されるときに「地獄に落ちろ」と言われて「ここが地獄ではないのか」と言い返したって伝説があるけど。
そんなことをちょっと思い出した。

文庫本にもならず絶版になってしまうってアマゾンの書評に書いてあったけど、惜しいことだ。
中古でも買って帰ろうかなと思った。
この独特の世界観とかキャラの造形ぶりに、平山瑞穂氏のファンになりそう。

それにしても、日ファンのマニアでシュールなファンタジー世界が好きだ。
来年も思いっきりマニアな作品を書いて出すぞ~~~。
スポンサーサイト
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。