スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翼竜ラドンの故郷は阿蘇だったのか
阿蘇の火口付近の画像とか映像とか探して見つけた。

怪獣ラドンは見た覚えがないと思ったら、私が生まれる前の映画だった。
半世紀以上も前の作品だよ。

初の総天然色映画って……。
そんな時代でもジェット機はあったんだねぇ。

当時のファッションとか、特撮技術とか、いろんな意味で楽しいよ。
DVD出てないのかな。見たいなぁ。

プラモな自衛隊、がんばれ!


スポンサーサイト
18世紀の日本人の言語語感覚に感動した
創作のために九州の火山噴火歴史についてぐぐっていたんですが、島原の雲仙岳で15000人の死者を出したという大災害の名前がですね。

災害名がですね。


大災害の名前がですよ、

島原大変肥後迷惑
(しまばらたいへんひごめいわく)

誰が考えたんだろう。

被害は以下のとおり(ウィキより拝借)

1792年5月21日(寛政4年4月1日)に肥前国島原(現在の長崎県)でおこった雲仙岳の火山性地震およびその後の眉山の山体崩壊(島原大変)と、それに起因して島原や対岸の肥後国(現在の熊本県)を襲った津波(肥後迷惑)による災害である。

噴火と土石流による死者が5000人で、肥後と島原を行ったり来たりする津波で10000人が死亡。

先の震災が記憶に生々しいので、どれだけの災害だったかと思うと……自衛隊も米海軍も駆けつけてくれない時代。

「大変」とか「迷惑」で片付けてしまった江戸時代の島原藩とか肥後の役人の名前も残して欲しかったな。
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。