スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「こころ」夏目漱石著 再読
二十ン年ぶりに読み返しました。

若いときに読んだ古典や名作などは、年をとってから読むと別の感慨や感想があるということですが。

この「こころ」は……いまになって読むと、。

なんか腐の香りがする

私→先生、先生→K、K→先生とか。

ま、それはこっちに置いておいて。

明治大正文学は仮名遣いが古くて読みににくいという印象がありますが「こころ」は二十年前もいまもさらさら読めるお話です。
夏目漱石氏の著作は他にもいろいろ読んだはずですが、読了して内容もきっちり覚えているのは「こころ」だけ。

内容が衝撃的だったというのもあるかもです。
私はなんかこういう悲劇的な、罪の意識とか、倫理的に苛まれるお話が好きなようで。
人間の業とか、救いのなさを描いた小説ほど引き込まれてしまいます。

遠藤周作氏の「海と毒薬」「沈黙」「私が棄てた女」なども、いつまでも忘れられない著作です。

最近はライトで面白ければいいという小説が流行って、昭和世代には物足りない感じがしますが、流行は巡るものですし、厭世的な小説もまたそのうち需要があるかもしれないですね。

「こころ」は明治人の書いた大正時代の小説といっても、そこに描かれた人間像はその時代の価値観の中に生きながらも、どの時代でも共感できる普遍的な「業」を抱えていることを思い出させてくれるのではないかと。

だから名作と呼ばれるんでしょうね。

小説書きになって再読して思うのは、この「こころ」の本題と真骨頂は後半の「先生の手紙」にあって、前半の「私」と「先生」の交流や「私」の家庭事情など、現代の小説感では「本題まで長すぎる」「物語が動かない」「だるい」「冗長」「必要ない」とか切られちゃうんでしょうね。

でも、「先生」の生き方や苦悩というのが、この「私」と「先生」との世代間落差や、明治から大正へ移り変わるときの生活観、時代観を反映させた上で成り立っているわけなので、この前半をなくしちゃうと単なる「先生」の告白暴露になってしまって、小説世界としては薄いものになってしまう。

まあ、私が公募のために書いているのはエンタメが主なんで、名作を書いているわけではなく。
やはり冒頭や前半を、世界観を語るためだけに費やしているようでは、いつまでもプロにはなれないことはわかっているんですが。

それにしても、Kはなんで自殺したんだろうなぁ。
失恋したから、というよりも、唯一信じていた親友に裏切られた、ということのほうが、深い気がする。
だから先生も生涯自分を責め続けたわけなんだろう。

女性にふられたからでなく、親友に裏切られたということが、Kを深く傷つけたのだとしたら。
Kが精神的にどちらにより依存していたか、というのは自明なわけです。
なんて。

そんなところに腐とか漂っているかなー(苦笑)
スポンサーサイト
「名もなき毒」宮部みゆき著
帰省してたとき、母の本棚にあったのを、何気に持ち帰って、放置していたんだけど。

面白かった。
あんまり、ミステリとか推理とか犯罪モノは読まないのですが。
489ページを一気に読んでしまいました。

「名もなき毒」宮部みゆき著

やはり秀作・良作・逸品を読まねばなぁ。
やはりさ、人間とひとの生き様を書いてこその「小説」だと思うよ。

この宮部氏という作家さまは、いろいろなジャンルを書いて、どれも売れているという話ですが。

他の作品も読んでみたいなぁと思いました。
おすすめがあれば教えてください~。
DVD「King's Speech」観た
コリン・ファース主演というだけでも買っちゃうんですが。

あらすじ

第二次世界大戦直前に、玉座よりバツ2アメリカ人女性を選んでくれた兄王(エドワード8世)のおかげで、なりたくないのに王様になっちゃった「どもりで内気な」ジョージ6世が、どもりを克服して戦争へなだれ込む時代の国王としての重責を担っていくというお話。

見ていて王様が可哀想になってしまう。

子どものころから、左利きを無理やり右利きに「矯正」されたり、X脚の矯正器具の使用は虐待に近いものがあったらしく、言語障害の原因とされている。
裏方王族に徹するために海軍将校になったけど、ストレス性と思われる慢性のお腹の病気を抱えていたりとか。

王族とか皇族とか「適性が合いませんので、辞退します」っつうわけにいかないお仕事なんですよね。
なのに、お兄さんは「好きなひとと結婚したいから、いち抜けた」とか言って、生真面目な弟に王冠を押し付けて恋愛に走っちゃってるのってどうなの。

しかも、バツ2アメリカ人女性とおおらかな恋愛をするくらいのお兄さん、
社交的で明るくて、国民にも人気があったエドワード8世が国会や教会の圧力で退位したあとに即位したジョージ6世は、その内気な性格もどもりも国民の知るところだったわけで、どんだけストレスだったかと思うと気の毒。

ドキュメンタリーのジョージ6世DVDのアマゾン評を見ると、映画と実際の人柄描写は微妙に違うらしい。
まあ、映画は視覚メディアなので、王様の苦悩とか葛藤は表情や態度で表現してもらわないと観客には伝わらないので仕方ないかな。
実際、兄さまの退位と自分の即位が決まったときは母親に向かって「泣いて」嫌がったとか。
映画では奥さんに向かって泣いた「私はただの海軍士官なんだー(当時40代・タイトルは公爵)」発言は上の逸話がもとらしい)

即位してからは、奥さんと二人三脚でがんばって国難を乗り切り、国民に「善良王」と呼ばれたということだから、結果的にはかれの努力は報われたのかな。

日本でもこんな映画ができるといいのになぁ。天皇家って不可侵だから無理だけど。
昭和天皇は、皇太子時代や若いときにはなかなか破天荒な振る舞いや言動もあって、「天皇」の型にはまりきらないところもおありだったようなんだけど。
「マラトンの戦い」読んだ
maraton.jpg
原書っていってもな。
ギリシアの歴史小説を英語で読むことを原書読みというのは正しいのだろうか。

っても、現代ギリシア語と古代ギリシア語は違うのだから意味がないだろう。
源氏物語だって、日本人のくせに、原書で読めないんだから。
ヘロドトスなんか読めないし。

ちなみに「マラトンの戦い」の著者、クリスチャン・カメロンはカナダ人だし。

うー。
こんな歴史小説書きたい~。というくらい、面白かったです。

前に紹介した「Killer of Man」の続編

BC490年の、ペルシアVSギリシア(正確にはアテネとプラタイアのみの連合)で、5:1の戦力差のペルシアを撃退した「マラトンの戦い」で歴史に名を残したプラタイア市の将軍、アリムネストスの活躍を描いた歴史娯楽小説。

二巻も引き続き

登場人物多いし。
名前がみんな似たり寄ったりで混乱するし。
エーゲ海から小アジアまで行ったりきたりして忙しいし。
ちょんちょんと人を殺すし。

でも、すぐ死んじゃうキャラでも、それぞれ生きていて、主人公の人生を飾って、歴史の中での息遣いが感じられて良かった。

最初は、このアリムネストスという人物は、うちのシャフみたいにフィクションの人物かと思って読んでいた(汗)

周りの人物はみんな日本語ウィキにも載っているような実在そろいだけど。
アリムネストスはたぶん、その出自や戦争その後はたぶん、あまり知られてないんだろうな。
でも、アテネの敗北を覆した人物だから、たしかに小説キャラにはおいしい人材。

一巻では、
プラタイアの青銅鍛冶師で農場主の次男のアリムネストスは、プラタイアVSテーバイ戦争で父親と長男を亡くし、農場を狙う叔父の策略で小アジアのペルシア領ギリシア殖民都市イオニアに奴隷とし売られ、イオニア戦争で自由市民に返り咲いて、アテネの貴族で海賊王のミルティアデスの仲間に加わり反乱を支援して、戦争に倦んで故郷に返って、父と兄の復讐を果たす。

そして、二巻のマラトンでは、
農場主になって、忙しい鍛冶工房を経営しながら裕福に暮らしていたアリムネストスは、一巻の失恋の傷を舐めながらも、アテネの勢力争いに巻き込まれ、殺人罪で逃げる羽目になってしまう。
またミルティアデスの海賊に舞い戻って、ペルシア戦争に揉まれて、失恋相手に再会できたものの、ダメ出しでトドメを刺され、殺人罪もほとぼりがさめたので故郷に戻って結婚したり、やっと平和に幸せになれるかと思った矢先にペルシアが攻めてきて、プラタイアの将軍に選出されて、五倍の兵力のペルシアと対面する羽目になるのです。

ネタバレなのはまあ、歴史はすでに定まっているので、マラトンではギリシア(というか、アテネ市が)起死回生の勝利を遂げるわけですが……。

アリムネストスの人生はそこでハッピーエンドにはならない。

物語は三巻の「ポセイドンの槍」へと続くのだった。

図書館はまだ購入してないとな!

面白すぎて、急いで読んだので、よくわかんないまま読み終えた部分も多いから、ゆっくり読み直してみよう。

この小説のいいところは、一方的にペルシアを悪者の侵略者として書いてない、ってところです。
為政者、統治者としてのダレイオス一世を好意的に評価し、平和統治を望む総督アルタプレネスの苦悩とかも描いている。
サルディスに潜伏中に、失恋で気力をなくして行き倒れているところを、旧友のペルシア軍士官キルスに拾われたアリムネストスは、しばらく彼の館に滞在する。
そこで、税も過酷ではないし、法もきちんと行き渡っているペルシアの統治に何が不満があるのか、と反乱をあきらめるように説得されたアリムネストスは、
「君がギリシア人だったら、どうする?」
と訊きかえす。
キルスは、困った顔をして。
「ギリシア人として最後の血の一滴までペルシアと戦うんだろうな」
と答えるしかなかった。

このへん、うろ覚えなんで、ちょっと違うかもしれないけど、こんな感じだった、ってことで。

そしてかれらは戦地で槍を交えることを知りながら、熱い抱擁を交わして別れるんだ。

あー。
なんでそこで萌えるの私。

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。