スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フロンティア文学賞受賞作「ワナビー」読んだ
第二回 野性時代フロンティア文学賞 受賞作品

ワナビー 日野草著

アマゾンの紹介文より
ネットの動画配信サービス「イリンクス」で人気を博した「枯神」。容姿も性格も平凡な28歳の男が、ひょんなことから一躍アイドルに。そこから姿を消した枯神が、自身のブログで今までの出来事を暴露し始めた!


感想

とても読みやすかったし、面白かった。
オチもどんでん返しが効いていて、さくさく読んでいたのに、ラストでざっくりやられましたという読後感。
けっこう痛かった。

ネット社会やマスメディアが嘘の塊だというのは、なんとなくわかっているけど。
それを軽くサクサク描いていくのは、筆力あるからできるんだろうなぁ。

主人公がとことん平凡な青年で、いじめられ体質で、それがネット動画のスターに押し上げられていく過程やその心理は、わくわくどきどき読めた。

受賞者はすでに他社でプロデビューしているとかで、読ませる力量に納得。
こっちのジャンルデビューが本命らしく、PNも変えてある。

テーマとか人間関係とか人物描写とかぎりぎり軽くしてあって、それが小説の味になっているわけだけど。
弟とその婚約者の存在感がイマイチ薄かった。
個人的な好みとしては、もう少し重めだと良かったかなー。
でもそれじゃ時代に受けないのだろうし、あまり詰め込みすぎたりゲームに複雑性を持たせたり、人間を掘り下げても、逃げる読者もいるかもしれない。

ここにもラノベ的な文芸の波が押し寄せているのだな。

なろうでは「掲示板小説」がなかなか人気だし。
「ブログ暴露小説」とか、いろいろジャンルが増えそうな。

ただなぁ。

タイトルが……。
内容と合ってないし。

応募時のオリジナルタイトル「枯神のイリンクス」がどうしていけなかったのかわからない。
こちらのほうがいかにも謎めいていて、面白そう。
一次通過者の乗っている雑誌でこのタイトルを見たとき、どんな話だろう、と思った130を超える作品の中のひとつだった。


スポンサーサイト
「ビブリア古書堂の事件手帖」1~3巻まで読了
面白かったです~。一気に三巻まで読んでしまいました。

メディアワークス文庫から出ている作品で、累計で300万部とか。

話自体は地味な感じで一冊、一冊の古書にかかわる人の想いとか人間関係を浮き彫りにしていくミステリ仕立てなのですが、静かな緊張感が漂っていて。

それに、古書にかかわる意外な歴史とか、古書店のシステムとか、そういうのが自然にストーリーに盛り込まれいて、かなりマニアックな知識なのに、ちっとも説明臭さや薀蓄臭がしないという。

夏目漱石とか、太宰治とか、宮沢賢治とか出てくると嬉しかったり。

著者の三上延氏は、電撃文庫出身の作家さんですが、男性向けのラノベ大御所、電撃文庫のイメージとはかなり路線が違う模様です。

この「ビブリア古書堂~」は日本から便があったら頼もうと思っていた作品なので、中身も期待通りで大満足でした。
なんといっても、電撃文庫の小説大賞の一部門、メディアワークス文庫賞の傾向を知りたかったのですが、あまりのレベルの高さに呆然。
もちろん「ビブリア~」はすでに第一線で活躍しているプロの方が書かれているので、創りこみの丁寧さも、内容の面白さも、文庫賞対策には意味がないんですが。

ただ、テンションの高いキャラや、激しいアクションや、偏った性格のキャラはなくても物語は売れるってことなんですね。

とはいっても、古書堂の美人店長さんはかなりあくの強い性格ですが。

メディアワークス文庫賞は「大人のためのエンターテインメントレーベル」だそうで、ネットで公開されている別作品も読みましたが、文芸寄りのノンジャンルといった感じで。
来年は挑戦してみたいと思ってしまいました。

先月、応募した富士見ファンタジアも、ラノベ文芸賞というラノベと一般文芸の間を目指して新設されたから送ってみる気になったわけですが。

ラノベも、もっと女性や一般の社会人でも楽しく読めるようなエンタメに乗り出してきたということです。

しかし「ビブリア」を読んでみると、「ラノベ文芸」枠は生半可な気持ちで挑戦しても無駄弾を打つだけの気がします。
ビブリアの著者は、古書店に勤務していたことがあるから、この「古書の世界観」を創り上げることのできる、ものすごい知識があったんですね。

しかも、この作品に手法――主人公がふたりいて、語り手ての視点から謎に包まれた相方の秘密を学んでいく、という展開は、私の得意(?)な書き方なので、そのことでよく「どっちが主役?」って感想もらってしまう自分としては、こういう手法もありだよねーと安心するのでした。

自分のよく知っている分野で、なにかとても面白い物語が書けないものかと、ネタの引き出しをかき回したり、ねたを求めてネットやご近所をさ迷っています。
中国で開発中の脳波コントロール無人小型ヘリ
あっちへ行け、こっち来いと考えるだけで飛び回ってくれるリモコン機が実際に飛びまわっているのを見ると、もうサイエンスフィクションなんてジャンルは存在しない気がする。

サイエンスリアリティだ。

これって、魔法みたいよー。

ハンドリモートコントロールと脳波リモートコントロール勝負では脳波の勝ちとかね。

ポケモンも脳波で制御できるその場でVRな勝負ができそうな。

つか、この小型ヘリの動きが妙にナマモノじみていて嫌だ。



元ネタ
ワイアードJP
http://wired.jp/2012/09/03/zhejiang-university-china-brain-controlled-quadcopter/


これをSFネタにするなら、このヘリを蜂のように極小化してスパイ活動に使うとか、戦闘機や偵察機や衛星軌道からいろいろと悪いことやいいことをするわけだ。

人工衛星中継で、アメリカ本土からの遠隔操作による無人爆撃機はイラクに実際に投入されているけどね。
火炎瓶と手榴弾のレジスタンスを相手に。
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。