FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非居住者の確定申告(号泣)
確定申告。
海外在住者の確定申告は、代理人を立てて税務署に申告書を持って行かないといけないんですけど。

松江市の税理士さんに軒並み断られました

松江の税務署に電話したところ「ご家族か御親戚は?」と訊かれたものの
「兄がひとりおりますが、月曜から土曜まで7時から20時まで勤務で、年金の払い込みもお願いできない状態です」
「…/…では、申告書と必要書類を郵送してください」

なんとかなりそう。

と思ったら……。

源泉徴収票が足りないっ!
慌てて日本から取り寄せ中。間に合うかなぁ。

郵送でこっちから日本に送ると、どうかすると二週間かかるんですよね。
締切日に間に合うかなぁ。
税務署の人「まあ、遅れたら申告遅延金を払うだけですから」

って、けっこうシビア。

郵送の場合は、消印日有効ってわけにいきませんでしょうか、国税庁様。

というか、非居住者の税率って、なんでこんなに高いの!?
国税庁の確定申告の書類作成画面って、国内の税率でしか処理してくれないし、国内の住所しか記入できないので、とりあえず入力して、印刷して、一部書き直して、準備完了。

しかし、国内税率と、非居住者の税率のあまりの違いに愕然。
まあ、海外在住者は地方の住民税を払う必要がないので、その分きっちり吸い上げられているのでしょうか。

つか、篠原は飛行機代や取材費を経費で申告できるそうなので、収入から経費を差し引くと、国内なら税率5%で済むのですが、非居住者は課税所得額に関係なく20.42%のもようです。

まあ、NZの税率は同じ所得額で10.5%ですけどねぇ。(累進枠は異なります)
レートで換算するタイミングで、累進枠を軽く17.5%へと飛び越えそうな微妙なところです。
スポンサーサイト
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。