スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月前半の読書
今月は、角川さんの電子書籍が半額セールだったので、前から読みたかったタイトルをいくつかまとめ買い。

・言霊 大伴家持伝(歴史)/篠崎紘一
 万葉集の成立と国書として認知されるまでの政争の日々。
 万葉集に、そんな試練の歴史があったとは。大変だったんです。
 内容は面白かったけど、教科書を読んでいるみたいで、なかなか進まなかった。

・悪魔交渉人 ファウスト機関(ホラーファンタジー)/栗原ちひろ
 いまどき癒し系ゆるほわ・あやかし系の全盛の中では、ちょと異色のハードボイルドオカルト文芸
 それでもキャラ小説なのか、悪魔のノリが軽い。

・狗神(伝奇ホラー)/坂東 眞砂子
 普通に愛憎どろどろ怖い系のホラーなのだが、狗神と闇の獣が、なんか可愛かった。

・怪ほどき屋 2巻、3巻 (角川ホラー文庫)/南澤径
 明朗快活腹黒キャラの奈(にのまえ)の謎が明らかになってゆく。
 主役の多賀宮の頑固なまでのへタレっぷりがブレなくていい。
 一気読み。続きが読みたい。

・帝国の娘(架空歴史・ファンタジー)/須賀しのぶ
 角川の装丁の重厚さに、同名の海外ファンタジーと間違えて購入したコバルト文庫作品。
 が、面白かった。上下巻一気読み。
 重厚な少女小説というか。コバルトらしい胸キュンや、思わずうるっとなったりときめいたり。
 何よりすごいのは視点移動のスムーズさ。
 まったくひっかかることなく、それぞれのキャラ心情に添いながら、同時に物語を俯瞰的にも見ることができた。
 歴史物も出している。気になる作家さん。他の作品も読みたくなる。

・ヒカルの碁(1~5巻)
 リア友さんに借りた。ものすごく面白かった。続きが読みたい

・遺跡発掘師は笑わない(1)
 ネタ的には好物なのだけど、物語りも壮大で面白かったけど。
 文体が合わない。視点移動で読者の視点もブレて、イラっとくる。
 でも、次巻が出雲ネタなので買ってしまった。
 読まねばならぬ。ネタ的には好きなので、がんばる。

・ジョーカー・ゲーム(スパイ・ミステリー)/柳広司
 映画化もされている。面白い。面白い。面白い。最終巻も読みたい。
スポンサーサイト
9月後半の読書日記
・幽落町おばけ駄菓子屋 (角川ホラー文庫)/蒼月海里
 ひたすら癒し系。ホラー文庫だけど、ホラーではない。ハートフルなアヤカシ小説。

・怪ほどき屋 (角川ホラー文庫)/南澤径
 非常に面白かった。続きが気になる。キャラが立っている、とはこのことなんですね。
 怖いのは鬼や悪魔よりも、人のエゴや闇だったりする、というオチも好きです。

・時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫)ジョセフィン・テイ (著), 小泉 喜美子 (翻訳)
 めちゃくちゃ面白かった。50年前の翻訳と思えない読みやすさ。
   アマゾン紹介文
<英国史上最も悪名高い王、リチャード三世——彼は本当に残虐非道を尽した悪人だったのか? 退屈な入院生活を送るグラント警部はつれづれなるままに歴史書をひもとき、純粋に文献のみからリチャード王の素顔を推理する。安楽椅子探偵ならぬベッド探偵登場。探偵小説史上に燦然と輝く歴史ミステリ不朽の名作。>

・鎌倉香房メモリーズ(日常ミステリ)/阿部 暁子
 鎌倉が舞台で香りがガジェットの青春ミステリー。
 人の感情が匂いで感知できる少女と、毒舌イケメン和服男子が日常ミステリーを解いていく、というお話。
 初々しくてよかった。集英社オレンジ文庫というのは、コバルト系の青春小説家かと思ったが、ライト文芸らしい。

・柳生剣法帖 ふたり十兵衛(時代劇・江戸)/谷津矢車
 谷津さんがまたやってくれました ┐(-。ー;)┌。びっくり箱ジェットコースター剣客エンタメ小説。
 この時代に、そんなガジェットが、いや、不可能じゃないし、あってもいいんだけど。
 好きな人間には堪えられない展開。
 著者の時代と剣術とテクノロジーと石ノ森章太郎氏に対する思い入れが伝わってきます。
 時代劇も、こんなのが増えると楽しいですね。

・女侠伝(伝奇)/岡本綺堂
 中国の怪奇な民間伝承を日本人が語る短編



9月の読書は11冊

オットのミニタブを独占使用できることになり、電子書籍で手に入りやすく、お値段も文庫本価格の、そして表紙が美しいのでキンドルの白黒画面ではちょっともったいない、いわゆる、ライト文芸というジャンルを中心に読んでみました。
ただ、どれもシリーズで三巻以上は出ているので、揃えようと思うと財布がきついです(><)

妖怪系ファンタジーとかゆるホラーも書けるようになりたいものです。
つか、昔は神様系ばかり書いていたのですがね……
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。