スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新刊「座敷わらしとシェアハウス」
新刊のご報告です。

角川文庫から
「座敷わらしとシェアハウス」605円
11月25日発売
座敷わらしカバー

座敷わらしが、座敷のないマンションに引っ越したら?
少子化で、守るべき子孫がどんどん減っていったら?
祀られない神様や守護霊は、だんだん弱っていって妖怪や邪霊になってしまいます。
誰にも気づかれないまま……

水分佳乃は受験生。
両親は離婚して、父親と二人暮らしでしたが、そのお父さんが海外単身赴任。
受験前に引越しも転校もしたくないので、母親の同居の誘いを断り、ひとり暮らし。
大好きなおばあちゃんが他界し、父方の実家を処分して、祖母の遺品を持ち帰りました。

その遺品に、水分家の座敷わらしが憑いてきたのです。
そして、一日中実体化したまま霊体に戻れなくなり、見た目もぐんぐん成長し始めました。

座敷わらしは、イケメンでした。
超のつくイケメンなのですが、家から一歩も出られない、大食漢でニートな引きこもりゲーマーと化してしまいました。
でも追い出すと、家運が傾いてしまうらしい。

奇妙な同居人(霊)との、奇妙なシェアハウスライフ。

妖怪ファンタジーと思いきや、青春小説です。

11月25日の発売です。よろしくお願いします。


スポンサーサイト
Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。