スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Forgotten Legions ベン・ケイン著
忘れられた軍団とでも訳しましょうか。

うーん。
拷問だった。

時代的には「鷹の王」とまったく同じタイムラインなので、いろいろ参考になるかと思ったのですが。
やっとササン朝(鷹の王の後)でも、アケメネス朝(鷹の王の前)でもない、パルティア朝時代の話だと思って喜んで手に取ったのですが。
しかも、ピンポイントで史実が入ってくるのですごく助かるぞーと思って読み始めたんですが。
実在のキャラもたくさん出てくるし。

疲れました。

いや、前に紹介した作品に比べると。

無駄に長い。
この半分でいいよ。

前半ざっくり削ってしまえ。

キャラを絞れ。



なんか最近そんな意見をどっかで聞いたような気がしたけど……。

まあ、それはこっちに置いといて。

感想:作者そんなにローマ嫌いなの?

やたら前振りが長い割りに、パルティア側の人物や文化的な描写がほとんどないのがすごく残念でした。
がんばって読んだのにあまり収穫がないというか。
そもそもパルティア遠征まで我慢して読んでたのに、こんだけかーっていう残念度が高い。
あの人はちょっとしか出てこないし、名前ささやかれるだけでオロデスも登場しないし。
それにパルティア人の名前が手抜きだ。
脇のどうでもいいのがダリウスなのはまあ仕方ないけど、辺境司令官の名前がオロデスの長男と同じパコルスとか、もう少しはリサーチしろとか思った。
パルティアに愛がないのがまるわかりでちょっと不愉快。

(男性の集団に石を投げれば、ダリウス君かイスカンダル君に当たるのは本当らしい)


それにパルティア人とローマ人捕虜との言葉が通じないとかちょっとへんだなぁ。
このころはまだまだメソポタミアはギリシア文化圏で、ペルシアの支配層はギリシア語は話せるし、ペルシア領西側に勢力を残すギリシア人コミュは親ローマ派だから、ローマに隷属されたギリシア人のラテン語通訳にはことかかないはずだが。
だいたい、パルティアの首都のひとつ、セレウキアにはギリシア人がごろごろ。
主役のひとりが「たまたま」ペルシア語を話せて交渉を独壇場にしちゃうという設定は苦しいよな。

でも、熱中症に苦しむローマ軍の前に、蜃気楼のように砂丘の尾根から尾根へと姿を現したパルティア軍騎兵隊の威圧感はなかなかよかった。

それから、ローマに滅ぼされ、吸収されてしまったという、失われた民族・エトルリア文化というのにもちょっと興味を持ちました。

でもソグド人はイラン系民族(白人)だと思ったんだけど。
作中ではモンゴル系の扱いだった。つまり→シャーヒーンって、あんな近いところからきたのかー。

実は、シャーヒーンの出身地はまだ決めてないのでした(汗)

今回は、米華には珍しく、プロの作家さまに対していちゃもんたらたらでしたね。
まあ、でも、ベストセラーだそうですよ。
期待が大きかったのと、前の二作が秀逸だったので、ちょっと辛くなってしまったようです。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。