FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弥生時代の創作と史実 その2 鷹士のご先祖様
「天涯の楽土」を読んで、鷹士ファン宣言されたKさんに、突っ込んだ質問をされまして。

「鷹士のご先祖のコウマ族って、高麗かなんか?」

いやいや、その時代まだ高麗は存在してないです。
たしかに、高麗って「コマ」って読むんだった(;´∀`)

正直なところ、公募執筆中は特定の民族は設定していませんでした。
なんとなく、満州あたりの女真族の先祖みたいな。
鷹士の顔立ちも、清朝の皇族の写真にあるような、細い顔に細い目に細い鼻と細い顎というイメージです。

出版のため、改稿にあたって、もっとはっきりした設定のために地図とにらめっこしました。
現在のロシア領沿海州のツングース民族には興味深い名前の民族がたくさん。
なかでも
オロチ族!
ヤマタノオロチに関係あるのかしらん、と短絡的に思ってしまいます。
オロチ、オロチョン、エヴェン、エヴェンキ、内陸の西にいくと、モンゴルに近いブリヤートとかヤクートとか。

騎馬民族にしたかったのですが、作中のコウマ族はモンゴル風な天神崇拝よりも、中華よりの八紘宇宙の思想とか、城郭国家に詳しかったりするので漢に朝貢もしていた半農狩猟民族、南方ツングース系に比定。
現在の中国領満州から、ロシア領沿海州、シベリアにかけて居住していた、狩猟民族ツングース族。
そのなかでも、匈奴や中華諸国の間で翻弄されていた南方ツングース族は、遊牧騎馬民族ではありませんが弓技に優れ、気性猛々しい東夷民族でした。
日本の縄文弥生と同じ、竪穴式住居にお住まいでした。

中国の史書には、服も着用せず、家畜の豚と同居する野蛮で不潔な民族と記録されていますが。
そこは創作脳で補正してもよいかと。

沿海州に舜の時代から前漢まで沿海州にいたとされる異民族
粛慎(しゅくしん)

挹婁(ゆうろう)

勿吉(もつきつ)

靺鞨(まつかつ)

渤海(ぼっかい)

女真(女眞、じょしん)

群雄割拠

清帝国

満州

ロシア→ソ連

ロシア/中華人民共和国

沿海州は、実は日本にとても近いのです。
平安時代には、半島の新羅や大陸の唐よりも、沿海州の渤海と仲良く国交していたくらいです。
西日本は弥生文化、東日本は縄文文化の名残が強いと指摘されますが、東日本の社会的文化は、ツングースっぽい風習や世界観の痕跡があります。
最近では滋賀県の遺跡から中華からも半島のでもない型の、騎馬民族が使っていた剣が出土して考古学者が「ありえない、にせものかも」と困惑のコメントを載せてましたが。
縄文時代から、シベリアや沿海州の、北方の大陸文化が日本海を越えて直で輸入されていたとしても、別に不思議じゃないですよね。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。