スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月の読書日記
<蒼穹の昴 3、4> 歴史フィクション 浅田次郎
清朝末期に、動乱の時代を生きた人々の群像小説。
これ読んだだけで生まれてきて良かった、生きてきて良かったと思える名作。
続編も読みたい。

<願いをかなえるゾウ 1,2,3>
頭が象の神様ガネーシャが活躍する小説家と思ったら、ガネーシャが活躍する啓発本だった。
一巻、二巻は楽しめたが、三巻はもう斜め読み通り越して横読み。かなりすっ飛ばして読んだ感じ。

後学のため、中華後宮もののTLを二冊。やはり砂吐き系の恋愛ものは体質に合わない。

<夜伽の国の月光姫> 青野海鳥著
なろう発のコメディ。
ギャグとかコメディというのは絶妙なバランスのうえに成り立つものなのだなと実感。
それを完結まで持続させることはよほどのセンスと才能がいるんじゃないかと思いました。

<夜叉が池> 泉鏡花著 純文学・幻想
竜神との約束を忘れた村に襲いかかる災厄。

<紅玉は始まりにして終わり> ケルスティン・ギア著 ジュヴナイルSFファンタジー
三部作の一作目。タイムトラベラーの一族に生まれたグウェンドリンの冒険と恋愛。
続きが気になる。

<李世民> 小前亮著 歴史 664頁
隋から唐へ移り変わる群雄割拠の英雄群像
濃くて面白かった。

小前氏の太宗シリーズ(勝手に命名)を追うと以下の順番でいいのかしら(。´・ω・)?
始皇帝の永遠→李世民(隋唐)→趙匡胤(宋)→朱元璋(明)→李厳と李自成(明末)

<中原の覇者 胡天の玲麟> BL 中華ファンタジー 橘かおる
中華ものをぐぐっていたら見つけたので(;^ω^)
面白かった。受けがオトコマエで。
すれちがいとか誤解の盛り上げが苦しかった気もするけど……

<黄昏古書店の家政婦さん> 恋愛 南潔 
昭和ファンタジー。あの時代を知らない世代に、この男女間の距離とか温度差とか、わかるんかな。

<唐草物語> エッセイ
内容も東西の古典を自在に行き来していて興味深く、昭和の文体なのだけど、さくさくと読みやすくそれでいて上品で、おかしみのなる文章がとても素敵でした。


む、今月は英語の本を読みませんでした(反省)といいますか。読んではいるんですが、読了できませんでした。
それから、JUNE古典・影の館の三作目もキンドルで出てましたので、おいしくいただきました。25年(30年?)越しの再会です。
こういうお話だったんですね。ヽ(≧∀≦)ノ

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。