FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「The Last Legion」 西ローマ帝国最後の皇帝が……
連載開始に向けて、文明時代的に似ているこのあたりの戦記映画を見まくる。

書評はさんざんだったけど……。

いやもう、
コリン・ファースが主役の一人で出ているから
もうそれだけで借りてきました。


トレーラーの観れる公式サイトはこちら

コリン・ファースって、上品な貴族や医者や弁護士や政治家の役が多くて、冒険や戦争アクションものとかあまりやらないと思っていましたが。
おお、殺陣もしっかりするじゃないすか。
でも、あれだ。
斬り合いで血が飛ばないのは嘘っぽくてテレビドラマみたいだけど。

Last_legion_poster.jpg

おじさんになってもかっこいいよ~

映画「the Last Legion(2006)」(=最後の軍団? 調べたけど邦題わかりません。日本では話題にならなかったのかな?)
出来上がりが安っぽいって……否定はしないけど。
クリーヴ・オウウェンとキエラ・ナイトリー、ヨアン・グリフィズの「King Arthure」に負けてるのは確かだから。
でもそれはコリンさまのせいじゃないし。
予算不足と脚本が悪かったのよ。
(ああ、実写デビルマンをここでも思い出す。あそこまでひどくはなかったかけど)

―映画のあらすじ―
12歳でローマ皇帝となったロムルス・アウグストス(演じるのはイギリスの天才子役トーマス・サングスター)は即位の翌日にゴート族の王、オドアセルによって玉座を追われ、両親を殺され、家庭教師のアンブロシウスとともに孤島のヴィラに幽閉となる。
ロムルスの警備隊長だったが、戦闘中に負傷してロムルス親子を守れなかったオウレリウス(コリン・ファース)は、東ローマ帝国への亡命を望みの綱に、幽閉された少年皇帝を救出する。

オドアセル王は既にローマを支配下に置き、東ローマ帝国と取引きをして、ロムルスの奪回と暗殺をはかるが、間一髪のところでオウレリウスは東ローマ帝国の罠から逃れる。
オウレリウスに、ローマ帝国最後の軍隊があるはずのブリタニアへ行って救援を求めることを勧められたロムルスは、最後の希望をかけてアルプスを超え、海峡を超えてブリタニアの第九部隊の守るハドリア城砦にたどりつくも、ローマの誇る最後の軍隊は、龍頭を戴く旗竿を残して消滅していた。

ローマ軍の去ったブリテンを欲しいままに蹂躙する豪族のヴォ-ドギンとゴート王の追っ手、ウルフィラが結託してロムルスたちを葬り去ろうと迫り来る。

さあ、どうなるでしょう。

ウィキで調べたところ、史実としては
ロムルスが即位したのは475年10月31日だが、それから一年もたたない476年9月4日にゲルマン人の将軍オドアケルによって退位に追い込まれた。ウィキよりそのまま引用

一年(つか10ヶ月)は皇帝の椅子に座れていたと。
西ローマ帝国皇帝、ロムルス・アウグストスが即位、廃位されたのは15歳とき。映画ではトーマスの年齢にあわせて下げたものと思われ。
彼は流刑先のカンパーニャで恩給をもらって平和に余生を過ごし、後世に残る修道院とかも建てたそうです。
殺されないで快適なヴィラに住めて、充分な恩給もらえたら、別に皇帝にならなくてもね。

映画の中でも、即位前夜のロムルスは母親に向って「過去五代の皇帝はみんな暗殺された。僕はどうなるのですか」と問いかけている。

映画では、アーサー王がローマ皇帝の末裔だという伝説に繋げるために、無理矢理ロムルスにアルプスと海を超えてもらったわけですね。
これって、源義経が大陸に渡ってジンギス汗になったってくらい、マジで信じられている。

小説のネタにはあまりなりませんでしたが……。
オウレリアスたちが使っていた武器が、中世の騎士が使うような長剣だった。
集団歩兵戦法が基本のローマ兵の剣は、密集前進するときに互いを傷つけあわないように、短い。
ちょっと違うような気がしましたけど。許す。
いや、それにしても、コリン・ファースいいですよ。

ということで、本日のポイント
西ローマ帝国の滅亡は西暦476年
最後の皇帝はロムルス・アウグストス
ローマを滅ぼしたのはゴート王・オドアセル(オドアケルとも)
このときの東ローマ帝国皇帝はゼノン

おお、ゼノンか……。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。