FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいものを見つけたのでここにメモ
以前から注目している「天地雅楽」という若い神職や巫女さんたちによる「ニューエイジ雅楽バンド」
アップテンポな雅楽ってクールだよ。
いわゆるプロのミュージシャンというわけではないのですが、ライブ中心らしいです。
海外公演もしているとか。

ゆうちゅうぶで坂本龍一さんとのコラボを見つけた~。



笙や笛、篳篥の音が、ピアノと調和しますね。
中国なんかじゃ古来からの楽器でオーケストラを作っていろんな古今東西の曲を演奏してますけど、日本の雅楽もそうなるといい。

私、昔は神楽を齧っていたので、こういうのたまりませんです。
手元にあるのは龍笛、何年も音を出してやってません。
たまに吹いてみるけど、やる気なさそうです。三音階もでません。
ゆうちゅうぶでは雅楽器でアニソンやポップや洋楽を演奏しているのあるし。
尺八も洋楽のオーケストラに難なく馴染んでますしねぇ。

ちょっと、何か練習してみようかなぁ。
楽譜がないというのがね。
うちの師匠は神楽曲のテープをくれただけで、音を拾って吹けるようになったら教えてあげるっていうような方だったんで。
神楽奉納しているときの神楽師さんたちの演奏しているのを見ていると、指孔を押さえている場所が違っていても、出ている音は同じなんだ。
なぜだろう。

笛はみんな手作りなんで、それぞれ微妙に違うんだろうね。
それを人の「吹き」で無理やり合わせて調和させてゆく。

正確な音階に頼らない、聴くたびに少しずつ違う和楽の世界が好きです。

Comment

管理人にのみ表示する

なつかしー
おお、東風だー! なつかしー
この曲、ご存じだと思いますけど、原曲はYMO時代ので、もっとピコピコしたテクノ系のミュージックでした。
昔、カセットテープでよく聞いていたんです。
最近は全然聞きませんけど、大好きでしたね。
このアレンジだと、まったく別の曲になってるー!
でも、これはこれで、雅な感じでいいかも。
いいものを紹介していただき、ありがとうございました。
菜宮 雪 | URL | 2010/06/07/Mon 20:43 [EDIT]
NoTitle
笛って、指が同じでも吹き方で音が変わることもあるのでしょうか。
主人はトランペットを持っていましたが、
やはり、指がおなじなのに音が違っていて、
楽器と無縁な私は、「?????」です。
聞くのはすきです。
広島・宮島の管弦祭、一度行きたいと思いながら、
地元だったときにも行けませんでした。
手作りの笛、いいですね。
ネタに使えそう…?
かみたか さち | URL | 2010/06/08/Tue 07:56 [EDIT]
Re: なつかしー
なみやさま

> おお、東風だー! なつかしー

テクノは既に古典になってしまいましたねぇ。
あれも昭和文化になるのでしょうか。

> 昔、カセットテープでよく聞いていたんです。
> 最近は全然聞きませんけど、大好きでしたね。

私もYMO好きです。ライディーンとかお気に入りでした。

> でも、これはこれで、雅な感じでいいかも。

音楽には国境がないといいますが、時代も越えるんだなと思いました。

コメ感謝です。
悠希 | URL | 2010/06/08/Tue 09:04 [EDIT]
Re: NoTitle
かみたかさま

> 笛って、指が同じでも吹き方で音が変わることもあるのでしょうか。
> 主人はトランペットを持っていましたが、
> やはり、指がおなじなのに音が違っていて、

洋楽器は厳密だと思っていましたが、トランペットは構造がそれほど複雑ではなさそうなので、わりと幅がありそうですねぇ。

神楽笛や龍笛の場合は、同じ指孔の組み合わせで、吹きの強さと角度で四段階の音を吹き分けることができるんですね。

> 聞くのはすきです。

私は筋金入りの音痴なんで、音を拾って合わせるということができなくて。
それでもがんばって数曲は覚えたんですが。忘れてしまった(涙)
聞くのは大好きです。
昔ながらの自然素材の楽器は、自然に近い音や、微妙な音程が心に寄り添うものが在ると思います。
神楽や雅楽は、娯楽であるという以上に、音楽が神と対話するための芸術であるという目的が色濃く残っているので、なおさら心が洗われるような気がします。

> 広島・宮島の管弦祭、一度行きたいと思いながら、
> 地元だったときにも行けませんでした。

地元なのに行っておかなかった祭りってけっこうありますよね。
いまはゆうちゅうぶで見れますからそれで満足するしかないです。
あ、でも津和野の鷺舞いは見ました。あれは良かった。

> 手作りの笛、いいですね。
> ネタに使えそう…?

高かったんですよ。ほうっておいたら祟られそうです。
神楽師さんには、趣味が高じて篠笛くらいなら自分で作ってしまわれる方も多いようです。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/06/08/Tue 09:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。