FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲド戦記とは知らずに見ていたテレビドラマ「Eatrthsea」
昨日は一日外出。往復400kmでした。
氷点下のおうちに帰ってきたら、いつもはありえない数のコメが!
一眠りしてからお返事させていただきます~。

で、お勧めいただいた児童文学の中に「ゲド戦記」の作者、ル・グィン氏のお名前がありまして。
児童文学を語るなら「ゲド戦記」を読めというくらいの名作だそうですが、未読です。
しかも、ゲド戦記はジブリの映画にもなったのですが、まだ観てないです。
ですが、こちらでテレビシリーズとして放映され、観ていたアメリカのファンタジー番組「Earthsea」がゲド戦記の1話目と2話目だとウィキで知ってびっくり。
面白かったし。
なんで原題と邦題がこんなにかけはなれている???

あの映画の原作なら読みたいので、さっそく図書館で借りてこようと思いました。
ゲドの通り名のハイタカは英語で「スパロホーク(スペロホークかも)」
ちょっとかっこよかった。

ただ、原作ファンにはおそろしく評判が悪い。通り名と真名を取り違えたりして、脚本家は原作を読んだのかとか非難轟々(原作に対する冒涜とまで言われて、某実写デ◎ルマンを思い出したり
テレビドラマとしては充分楽しめました。

ジブリのゲド戦記はゲドが大人になってから、子供のアレンを導くお話だそうで。
粗筋だけ読むとどこが「戦記」なんだと首を傾げてしまうのですが。
一巻目のタイトルは「地海の魔法使い」だし。
思うんだけど、邦題が原題と違う時は、ちゃんと原題も添えて欲しいですね。

で「Earthsea」のトレーラーを貼っておきますね。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

拍手コメお返事:

いえいえ、広島県民はぜんぜんマイナスじゃないですよ~。
ええ、広島で運転した時は生きて帰れないんじゃないかと思いましたけどね~。

広島県民さまは、島根県民にとっては頼りになるお兄さま的存在です。
ちなみに兄は二歳まで広島で育ちまして、言葉を話すようになってから、松江の保育園に通い出したら「ばしばし」の広島弁をしゃべっていたそうです。
また~りとした出雲弁の中で広島弁をかます2歳児。
想像すると楽しいですね。

でも、広島弁と出雲弁は言葉自体は似ていますよね。勢いが違うだけで。
語尾が「じゃけん」なところとか。出雲は「だけん」だけども。

Comment

管理人にのみ表示する

わーい、ゲド戦記♪
大好きだ、これ。
ハリーポッターは読んでないけどこれは5巻とも読んだじょ。
でもこれ、「児童」にはきっと分からんぜよ~むじゅかしくて。
せいぜい中学生になってからだねぇ。
特に4巻5巻はなぁ…。既にゲドはかっこよく活躍する人じゃないし。
個人的には1巻目と5巻目が好きかな~3巻目もいい。
ツレは2巻がイイといってました。わざわざ英語の本、買って読みやがった…ウチに単行本があるのにっ。

タイトル…ゲド戦記て舞台になってる世界が「Earthsea」っていうんじゃなかったっけ、たしか。
本の目次のとこに地図が載ってて、それを見てたら自分でも違う話を考えたくなりそうなのだ。
龍も魔法も出てくるよ、つかそれが主題かな。

え~この映画、日本でもあるのかなぁ。みたいなぁ。字幕か吹き替えじゃないと分からないけどさ。
でも何となくゲドのイメージが違うかも…

ジブリのアレは…全然別物の話っ!!(怒)
別物としてみれば悪くないと思う。
あんま人気なかったけどね。
挿入歌の「テルーの唄」がよかった。

もっと子供向けの話ならメアリーポピンズが好き。
映画より原作のへそ曲がりみたいなポピンズさんのほうが好みだなー。
いが | URL | 2010/07/15/Thu 00:38 [EDIT]
Re: わーい、ゲド戦記♪
いがさま

> 大好きだ、これ。

お、お好きですか。ますます読まなくては。

> でもこれ、「児童」にはきっと分からんぜよ~むじゅかしくて。
> せいぜい中学生になってからだねぇ。
> 特に4巻5巻はなぁ…。既にゲドはかっこよく活躍する人じゃないし。

つか、ゲドが主役なのは一巻だけらしいですが。
海外の児童文学って、あまり子供のこと考えてないような気がするんですけど。
ムーミンだって、行間に含まれたキャラたちの心の揺らぎとか、かなり難しいですよ。
とくにスナフキンの生き様とか、ニョロニョロの存在の意味とか。

> 個人的には1巻目と5巻目が好きかな~3巻目もいい。
> ツレは2巻がイイといってました。わざわざ英語の本、買って読みやがった…ウチに単行本があるのにっ。

やはり原文には原文にしかないよさがあると……。

> タイトル…ゲド戦記て舞台になってる世界が「Earthsea」っていうんじゃなかったっけ、たしか。

ナルニアが「ナルニア国物語」なようにゲドのシリーズは「アースシー(地海)物語」なんでしょうねぇ。
この邦題ってムツカシイ
「指輪物語」も原題は「ロード・オブ・ザ・リングス」で「(複数の、たしか、9個あって)指輪の支配者」ですけどね。

> え~この映画、日本でもあるのかなぁ。みたいなぁ。字幕か吹き替えじゃないと分からないけどさ。

DVDは輸入されて吹替えもあるみたいです。確認はしませんでしたが。

> でも何となくゲドのイメージが違うかも…

ダレンシャンみたいに、主役の年齢が上がっているみたいです。
それってどうかと思うんですけどねぇ。一話目と二話目を繋げ易くするためにしたんでしょうが。

> ジブリのアレは…全然別物の話っ!!(怒)
> 別物としてみれば悪くないと思う。

ハウルの動く城もそうでしたね。
原作はコメディなのに、映画は妙に深刻でした。

> もっと子供向けの話ならメアリーポピンズが好き。
> 映画より原作のへそ曲がりみたいなポピンズさんのほうが好みだなー。

どうも、原作が成功していて映画も成功するパターンってないですね。
ナニーマックフィーも原作と映画はかけはなれている。
マックフィーは女優のエンマさんがいい味を出していて、独立して観ても面白いですけど。
コリンのファンだから文句はなし。

映画って、結局はプロデューサーや監督のひとつの解釈に過ぎないわけで。
そこに商業主義がからんでくることを思えば、視覚的に楽しめたらそれでいいわとするしかないのでは。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/07/15/Thu 06:47 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/07/15/Thu 10:19 [EDIT]
いちおう読んでみたけれど
私も、ゲドは一応読んでみました。
とちゅう、3巻あたりで挫折しそうになりながら、
よろよろと5巻までたどりつきましたが。

そう、全然「戦記」じゃないです。
なぜ戦記になったのか、どこかのあとがきにあったきがするけれど、
素直に「アースシー物語」のほうが、内容にはあってると思います。
でも、インパクトはないかも。

ゲドは、アメリカでのジェンダーの問題が
背景に絡んでいるようです。
男しか教育を受けられない中で、
女性がどのように生きるのか、的な。
2巻以降は、その辺り知っていると、
理解しやすいのかな。
あ、ちなみに、2巻でも、ゲドは最後の最後しか出ません。

先日のコメレスのコメ。
「やっとかめ」は、名古屋です。
名古屋といえば、「けった」ですね。
正式には、「けったマシーンGOGO」らしく。
どうして、自転車のことを、
こんなに複雑に言うのだろうかと、疑問ですが。
「けったマシーンGOGOでいきゃーいーがね」
(自転車で行けばいいじゃん)
と言うくーさんですか?(笑)

あ、あと、広島弁は、「ばしばし」より、
「ばりばり」です。「ばりばりの広島弁」。
カメラの方言版は、たしか、イクシだったかと。
かみたか さち | URL | 2010/07/15/Thu 13:31 [EDIT]
Re: NoTitle
秘密様

> 俄には理解できない複雑さとか心の揺らぎみたいなものに、子供は背伸びしながら惹かれるんだと思う。
> 大人である作家が生きてきた中で獲得してきた深みや痛みに。

匙加減が難しいですねぇ。

> 大人が「子供はこんなもんだろう」という予測の元に書いた小綺麗なお話は面白くならないんだと思います。

人が人として感じる痛みや迷いに、正面から向き合うべきなんですよね。

> やっぱり作家は魂を供物にしなければならないんだと思う。
> そういう意味では本能で本物か否かを判断する子供の方が手強いのかも。

おお、ちょっと気後れがしてきました。
子供のほうがずっと残酷ですしねぇ。

コメ感謝です。
HN:米華悠希 | URL | 2010/07/15/Thu 18:26 [EDIT]
Re: いちおう読んでみたけれど
かみたかさま

> 私も、ゲドは一応読んでみました。とちゅう、3巻あたりで挫折しそうになりながら、
> よろよろと5巻までたどりつきましたが。

おや、あまり好みではなかったのですね。

> 素直に「アースシー物語」のほうが、内容にはあってると思います。
> でも、インパクトはないかも。

戦記じゃないのに戦記で、ってそれは広告詐欺ではないのかと思ってしまいます。
やはりタイトルは中身を語るものでなくてはねぇ。
ハリーポッターみたいに、タイトル+サブタイトルで迫っても良かったのに。

> ゲドは、アメリカでのジェンダーの問題が、背景に絡んでいるようです。
> 男しか教育を受けられない中で、女性がどのように生きるのか、的な。

え?
テレビ映画では魔法学校共学でしたよ。
だから、アメリカ版ホグワーツとか言われて罵倒されていたんですね

> 「やっとかめ」は、名古屋です。
> 「けったマシーンGOGOでいきゃーいーがね」(自転車で行けばいいじゃん)
> と言うくーさんですか?(笑)

うわぁ。萌えます。ちょっと最後の「百円ずつ~」のセリフを翻訳してもらえませんか。
なっちと二人きりのときに、ダレも聞いてないと思って名古屋弁喋ってる設定とか楽しすぐる。
で、なっちが岐阜弁で返していたらもう、作者悶え死にまする。
そのうち、なっちはある場面で岐阜弁になるとかという設定があったり。

> カメラの方言版は、たしか、イクシだったかと。

単語まで……。
うう、「鳥肌が立つ」ってそちらではなんて言いますか。
うちとこでは「ぞんぞがさばる」って言うんです。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/07/15/Thu 18:37 [EDIT]
あーすしー
このドラマ、前にBSで観ましたよ~。
(ジブリ効果と思われる)
酷評されたと聞いたので、わくわくしながら観てたら、
台詞は吹き替えなのであまり違和感なく・・・。
冒険物に作りかえられてる感じはありましたが、
あれはあれ、それはそれで良かったと思います。

Kさまコメにも(失礼)ありますが、
あーすしーは、日本の大学のジェンダーの授業で
取り上げられるそうで。(授業の課題で出たそう)
最新刊は未読ですが、
きっと今また最初から読み直したら、
印象が変わるんでしょうね。
(子どもの頃読んで、くら~い気分になりました…)

あ、ル=グインならSFもぜひ!
ふぢた | URL | 2010/07/15/Thu 18:39 [EDIT]
Re: あーすしー
ふぢたさま

> このドラマ、前にBSで観ましたよ~。(ジブリ効果と思われる)

やはり「ゲド戦記」として?

> 酷評されたと聞いたので、わくわくしながら観てたら、
> あれはあれ、それはそれで良かったと思います。

風俗とか世界観とかをヴィジュアルで楽しめるという点では悪くないと思います。
原作に入れ込んでいる人には許せないかもしれないけど。
(某実写デ◎ルマンはほんとに許せなかった)

> Kさまコメにも(失礼)ありますが、
> あーすしーは、日本の大学のジェンダーの授業で
> 取り上げられるそうで。(授業の課題で出たそう)

そしたら、テレビ映画を見た人は混乱しますね。
学校に女生徒がわらわらいますから。

> きっと今また最初から読み直したら、印象が変わるんでしょうね。
> (子どもの頃読んで、くら~い気分になりました…)

くらくなる児童文学。
ますます読んでみたく……。
でも地元の図書館になかったv-406

> あ、ル=グインならSFもぜひ!

SFといえば、創元社の短編、第二回の公募始まりましたよ!
挑戦しましょう。

<商業媒体未発表の広義のSF短篇(40字×40行のレイアウトの原稿で10枚~25枚)>
原稿用紙だと40枚から100枚くらいでしょうか。
締め切りは1月11日。
メールでの応募可。

お蔵入りになったネタでSFがひとつあるので焼直してみようかと。

コメ感謝です。
悠希 | URL | 2010/07/15/Thu 18:56 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/07/15/Thu 21:15 [EDIT]
Re: コメレスコメにコメ
おお、貴重な情報をありがとうございました。
さっそく探してみます。

そちらのお国は多言語空間なのですね。
ああ、でも、方言って、町村単位で違ったりしますよね。
高校に進学した時に市外から進学してきたクラスメイトたちの訛りがわかりませんでした。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/07/16/Fri 05:55 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/07/17/Sat 00:20 [EDIT]
Re: NoTitle
秘密様

> 「闇の左手」は15-6の頃に読んで萌えました! 日本語読んでから英語を読んだ本って、未訳の続編があってついでに前のも買ったというのを別にすればこの本だけです。

これも評判いいですね。
図書館にないけど(涙)

> ほかの作家のファンタジーでお勧めなのはジョイ・チャントの『赤い月と黒の山』(Red Moon and Black Mountain)なんですが、これ翻訳者は亡くなってしまったし、三部作の一作しかでないし、英語でも絶版になっているんですよね(アマゾンでたまに購入可能状態になるのですが、意気込んで頼むと手配できませんでしたと返事がきたことがすでに複数回あります)

どこかの図書館の倉庫の片隅にあるかもしれません。
世界中の図書館に問い合わせのメールを送ってみるとか。
とりあえず探してみますね。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/07/17/Sat 10:52 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。