FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK大河ドラマ元就漬け
なぜ毛利の家臣は男前揃いなのだろう。つか、兄と弟も。
中村橋之助さんに不服があるわけではないけど。
まわりが良すぎるよ。
草刈正雄とか。榎木孝明の渡辺勝には萌え死ぬ。
つか、子役のキャラと元服後のキャラにギャップがあるのがどうもなんだ。
こんだけイケメンが並んでいるわけだが、それぞれのイケテル描写、文章にできないなぁ。
顔かたちよりも、表情とか、仕草とか、しゃべりかたに注意が行く。
美男でなくても。
片岡鶴太郎さんとか、腹黒いくせに時々妙に可愛い男の役どころが、すんごい魅力的だ。
で、緒形拳さんが出てくると、ころがるほどときめいてしまう。
表情がいいよなぁ。みなさん。やっぱプロだよ。



日本の鎧はこうしてみるとほんとに装飾性が高いです。
並んでるのを見てるだけでうっとり。
漫画家の木原敏江さんの平安時代の鎧イラストとか額縁に入れて飾りたいくらい素敵です。

で、宍道町の博物館だと思ったけど、面白兜の展示があって、あれは一生忘れない。

兎の耳の兜とか。漆塗りの黒兎で、ぴんと立たせた長い耳の内側がちゃんと赤く丹で塗ってあるんです。
敵を笑わせて戦意を喪失させる狙いだろうか。

あと、鉄製の伊勢海老が頭の上にはりついている兜。
甲殻機動隊かと思ってしまうほど、見事に節足動物。額の上にエビのひげが張り出している。
あんなのかぶって動けないと思うけど。

Comment

管理人にのみ表示する

NoTitle
福山城の博物館あたりでも、
去年くらいに面白兜展をやっていたらしい。

実際鎧を着て動き回ることはなかったとはいえ、
装飾のために兜を大きく重くしたら、
そのためだけに首や肩の筋肉を鍛えなきゃいけなかったのかしら。
細い俳優さんが武者をしてるけど、
実際、殿は首が太かったのかな。

子どもの自転車のヘルメットを新調した時、
学校名にちなんで
牛の角と耳をつけてあげようか? と聞いたら
速攻で断られました。

うさ耳くらいなら、いいかな?
かみたか さち | URL | 2010/09/29/Wed 12:21 [EDIT]
Re: NoTitle
かみたかさま

> 福山城の博物館あたりでも、
> 去年くらいに面白兜展をやっていたらしい。

日本中から集めて面白兜展をしたらいいと思ったり。

> 実際鎧を着て動き回ることはなかったとはいえ、
> 装飾のために兜を大きく重くしたら、

戦国時代には普段から訓練とかで着ていたんじゃないかな。
そうでないと、戦闘のとき自在に動けないし。
戦国時代後期には鉄素材の鎧兜が出回っていて、重さも半端でなかったことでしょうし。
肖像画や残っている兜の材質や大きさを見れば、首とかかなり太くないと支えきれなかったと思われます。

> 細い俳優さんが武者をしてるけど、

撮影用の鎧兜はプラスチック製なので、本物よりは軽いはず。
現代人には、プラスチックでも重いらしいですけどね。

> 子どもの自転車のヘルメットを新調した時、
> うさ耳くらいなら、いいかな?

いざ、出陣、ですか?
そーいえば、英語では兜もヘルメットなんですよね(笑)

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/09/29/Wed 16:09 [EDIT]
兄弟葛藤萌えの原点が!
お久しぶりです。猛暑にやられていましたが、秋になりやっと元気になりました。
悠希様のホームページがすっきりして綺麗になってますね。画面が明るくて素敵です。
『毛利元就』…!
このドラマに出てくるお兄ちゃんが大、大、大好きでした。彼が泣けば共に泣き、彼が苦しいと私も切なくなりました。
父親に愛されず、兄なのに家来扱い。なのに弟思いで、優しくて…。
悠希様のおかげで、凄い懐かしい事を思い出しました!早速ビデオ借りに行かなくちゃ!
ありがとうございます!
みんと | URL | 2010/10/05/Tue 09:54 [EDIT]
Re: 兄弟葛藤萌えの原点が!
みんとさま

> お久しぶりです。猛暑にやられていましたが、秋になりやっと元気になりました。

そちらは暑かったようですね!
元気におなりで良かったです。

> 悠希様のホームページがすっきりして綺麗になってますね。画面が明るくて素敵です。

十月限定ですが。
各ページ表示したときの下欄目次がランダムになるのが

> このドラマに出てくるお兄ちゃんが大、大、大好きでした。彼が泣けば共に泣き、彼が苦しいと私も切なくなりました。
> 父親に愛されず、兄なのに家来扱い。なのに弟思いで、優しくて…。

え、お兄ちゃんって、長男(兄←元就)のほうでしょうか、次男(元就←三男)のほうでしょうか。
兄なのに家来ってことは、次男の元就?
私は心の壊れた長男に涙~。
戦国を生き抜くにはナイ~ブ過ぎたようで。

> ありがとうございます!

いえいえ~。
ただ、この作品はちょっと元就を「いい人物」としすぎているようで、元就が実際はなかなか姑息な権謀家だったということを枉げてしまっているので、ドラマのなかではかれの動機や行動や、性格に整合性がないような気がします。
いい人しか出てこない戦国時代って、ありえないから。
でも面白いです~。

コメありがとうございました。
悠希 | URL | 2010/10/05/Tue 13:51 [EDIT]
なんと!兄は兄でも、兄違い!
悠希様、こんばんは。
『毛利元就』面白いです~。「8回出来過ぎた嫁」まで観ました~。
城主様がやたら家臣に気を使っているのも、家臣がやたら有能で自分勝手に動くのも、なんか幕末長州を彷彿とさせます。そうせい侯とか。「桂」さんなんて苗字がサラっと登場するのも、私には壷。山口には多い苗字なのかな?
そして、そして「毛利のお兄ちゃん」登場!!!渡部篤郎さんだったんですね~!!!彼は!!名前とか知らずに観てましたが、超有名俳優さんだった!!
そしてあの話し方、泣き顔、たしかに思い出のお兄ちゃんでした!!
だけど彼の顔を見て、私は思い出してしまったのです。彼が長男なのに、「輔」と言う家来の名前をつけられたエピソードを。「あれ!?名前が違う」
…確かに3兄弟だし、長男、渡部篤郎さんだけど、私の思い出の彼は確か「時輔・ときすけ」という名前をつけられて、あの顔、あの声、あの泣き顔で苦悩していたはず。
そこからは連想ゲームのように繋がって、時の字がつくと言う事は、時宗、北条時宗!ですか!!
そうなんです。私の勘違いだったんです。
私の兄弟葛藤萌えの原点は『北条のお兄ちゃん=渡部篤郎』様だったのです~。トホホ…。
悠希様、お騒がせしてすみません。私アホです。こんな間違いするなんて。『毛利元就』と『北条時宗』、確かに武将の名前がそのまんま大河ドラマの題名ですけど。
けどそれだけ。
むしろ両作品ともに渡部篤郎さんがお兄ちゃん役という方が奇跡です。
『毛利元就』せっかくなので最後まで観ようと思います。
悠希様、もし、よかったら『北条時宗』いかがですか?兄弟の葛藤は、半端なく『北条』の方が凄いですよ。…多分。…。
なんて、説得力ないですね。すみません。出直してきます。ごめんなさい。
みんと | URL | 2010/10/08/Fri 00:52 [EDIT]
Re: なんと!兄は兄でも、兄違い!
みんとさま、おいでませ

> そうなんです。私の勘違いだったんです。
> 私の兄弟葛藤萌えの原点は『北条のお兄ちゃん=渡部篤郎』様だったのです~。トホホ…。

そういうこと、よくありますよね。
武将とか、貴族の名前とか、似ていてわけわからない。
わたし、北陸中部の武将の名前覚えられません。
まして戦国以前まで遡ると紙に順番に書いてもらわないと。
系図つきで。

> むしろ両作品ともに渡部篤郎さんがお兄ちゃん役という方が奇跡です。

はまり役というわけかもしれません。

> 『毛利元就』せっかくなので最後まで観ようと思います。

どうぞ御覧になってください。
元就の人物の描き方には大いに異論があるのですが、いままで片隅に追いやられていた中国地方の武将と、実は徳川や北陸東海中部よりもかなり絢爛であった中国地方の戦国時代がとても嬉しいです。

> 悠希様、もし、よかったら『北条時宗』いかがですか?兄弟の葛藤は、半端なく『北条』の方が凄いですよ。…多分。…。

見たいですね~。
DVD、いつかきっと手に入れます!

> なんて、説得力ないですね。すみません。出直してきます。ごめんなさい。

いえいえ、いつかきちんと順を追って読んでみたい時代です。
それこそ平将門あたりまで遡って。
買い物リストに加えて置きます。

私のほうは「毛利元就」中盤まできました。
世帯交代が始まり、大内の風間トオルと陣内孝則コンビがいいです~。
陣内さんの目玉って、あんなに飛び出ていたのか、と。
白目がぐるりと出ているって、すごいですよ。
で、風間さんの黒目勝ちの眼と甘いマスクが~~~なんでそこに萌える。
この人の貴族趣味とばっちり合いすぎていてたまらんです。
直垂よりも水干のほうが似合うなんて。襲われてしまえ(?)
風間さんの大内家の末路はネタバレしているからもう、切ないっす。

歴史的兄弟確執激萌えコメありがとうございました。


悠希 | URL | 2010/10/08/Fri 05:15 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 星宿海. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。